MENU
5分で過払い金診断
おすすめ事務所

過払い金請求でクレジットカードが使えなくなる?今後の審査の影響は?

過払い金請求でクレジットカードが使えなくなる?今後の審査の影響は?

結論から言うと過払い金請求をしてもクレジットカードは使えます。しかし、キャッシングをしていたクレジットカード会社に対して過払い金請求をおこなうと、そのクレジットカードは使えなくなります。

例えば、楽天カードとエポスカードを持っていて、エポスカードに対して過払い金請求をしたときはエポスカードが使えなくなりますが、楽天カードは通常通り使用することができます。

このように過払い金請求をする時に全てのクレジットカードが使えなくなるということは起きませんが、過払い金請求をするときの借り入れ状況によってはブラックリストに載ってしまうリスクがあります。

この記事では過払い金請求をするときにリスクがある人、ブラックリストを回避する方法について紹介していきます。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

目次

過払い金とは

過払金は借金の返済で貸金業者に払いすぎた利息

過払い金とは消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融で借りたお金に上乗せされた利息制限法を無視した利息になります。つまり返済のときに払い過ぎた利息分という意味です。過払い金が発生する仕組みについては以下の記事を参考にご覧ください。

クレジットカードの過払い金請求対象はキャッシング利用したことがある人のみ

クレジットカードの機能には、キャッシング利用枠とショッピング利用枠があります。このうち、ショッピング利用枠は、法律上借金とならず、あくまでクレジットカード会社の「立て替え金」であるため、利息制限法が適用されず、過払い金請求対象となりません。

カード会社に支払っている分割手数料は、あくまでも手数料という位置づけであり利息ではないのです。

したがって、過払い金請求の対象となるのは、クレジットカードでお金を借りたことのある人、または現在借りていて返済中の人といった、クレジットカードのキャッシング利用をした人だけとなります。

過払い金請求でクレジットカードが使えなくなる?

過払い金請求をすると、請求先のクレジットカードは半永久的に利用できなくなる可能性が高いです。ただ、過払い金があるかどうか相談している最中は今まで通りクレジットカードを利用することができます。

過払い金の相談をしている段階ではカードの利用はストップしない

法律事務所に過払い金があるのか、過払い金はいくら発生しているのかといった相談をしている段階では、相談内容がクレジットカード会社に漏れてしまうことはありません。この段階では今までと同じようにクレジットカードの利用ができます。

過払い金請求をした直後から請求先のクレジットカード会社は利用できなくなる

実際に過払い金請求をすると、クレジットカード会社は取引履歴の調査に入るため新たな取引をストップします。

したがって過払い請求したその直後から、過払い金を請求した会社のクレジットカード利用が、今後一生できなくなると思ってください。

過払い金請求で払いすぎた利息を取り戻すことは、法律で認められた権利です。しかし、金融会社側からすると、良い印象は抱きません。「要注意人物」としてのデータが半永久的に請求カード会社内で共有されてしまい、今後同じ会社のカードの新規発行を希望しても、審査に通ることは非常にむずかしくなります。

貯めていたポイントが失効する

請求先のクレジットカードが利用できなくなるということは、今まで貯めたポイントも同時に失効してしまいます。事前にポイントの利用をしておきましょう。

月々の公共料金などの支払いがストップする

公共料金や通信料金、家賃といった毎月の支払いをクレジットカードで引き落としていた場合、支払いがストップしてしまうため、支払い方法の変更をしておきましょう。

請求先のクレジットカード関連会社の利用はできなくなる可能性がある

たとえば、プロミスは三井住友銀行カードローンと同じ三井住友フィナンシャルグループです。プロミスカードのキャッシングと三井住友銀行カードローンを両方とも利用していて、プロミスの過払い金請求をしたとしても、三井住友銀行カードローンの利用には影響ありません。

ただし、手続き中に三井住友銀行カードローン取引で延滞があったりすると、プロミス過払い金の手続きに影響する可能性があるので注意しましょう。

請求先以外の会社のクレジットカードの利用はできる

請求先以外の会社のクレジットカードは、キャッシング利用や、ショッピング利用、新規発行も今まで通り問題なくできます。

ただし、過払い金を取り戻したあとも、クレジットカード支払い残高がのこってしまう場合はブラックリストに載ってしまい、すべてのクレジットカードの新規発行、利用が一定期間ストップします。

過払い金請求でブラックリストに載る場合とその回避法

過払い金請求したことによりブラックリストに載ってしまうことがあります。ブラックリストに載ると請求先以外のすべてのクレジットカードの発行・利用が一定期間できなくなります。

どんな場合にブラックリストに載ってしまうか、またその回避法を解説します。

ブラックリストに載る場合

請求した過払い金よりも、今現在のクレジットカード支払いの残高(キャッシング利用残高、ショッピング利用残高の合計)が多い場合、過払い金請求が、「借金の整理」とみなされ、信用情報機関のブラックリストに載ってしまいます。

信用情報機関のブラックリストに載ってしまうと、その日から5年間、請求先の会社以外でも、新たにクレジットカードを発行することや、クレジットカードをつかうことができなくなります。

しかし、ブラックリストに載ったからといって一生クレジットカードがつかえなくなるわけではなく、5年たてばクレジットカードの審査を受けることができます。

ただ、ブラックリストに載り、クレジットカードがつかえなくなっている間にも代わりにつかえる家族カードや事前入金制のカードがありますので、苦しい返済を続けるより、借金の整理(任意整理)をして今の生活をラクにすることを考える方がいい場合もあります。

ブラックリストを回避する方法

過払い金の金額よりクレジットカード支払いの残高(キャッシング利用残高、ショッピング利用残高の合計)を少なくしてから請求する

過払い金請求をする前に過払い金があるか、いくらあるか調べた結果、過払い金の金額より今現在のクレジットカード支払いの残高(キャッシング利用残高、ショッピング利用残高の合計)が多いとわかれば、まずは過払い金を請求する前にショッピング利用やキャッシング利用の残高を減らす対策をとることができます。

過払い金の金額よりショッピング利用やキャッシング利用の残高を減らすことができれば、借金の整理(任意整理)の手続きにならずにブラックリストに載ることはありません。

対策をたてるにはまず、過払い金がいくらあるのか正確に計算する必要があります。自分で調べる方法もありますが、この計算の段階で誤差があると、過払い金を過少に計算して損をしたり、ブラックリストに載ってしまうことになりかねません。信頼できる専門家に依頼することをおすすめします。

クレジットカード支払いの残高(キャッシング利用残高、ショッピング利用残高の合計)がないクレジットカード会社だけ過払い金請求する

複数の会社のクレジットカードを同時に利用している場合、現在クレジットカード支払いの残高がないクレジットカード会社だけを選んで過払い金請求をすれば、借金の整理(任意整理)の手続きにならないのでブラックリストに載ることはありません。

過払い金の相談におすすめの法律事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所
引用:https://sugiyama-kabaraikin.com/

司法書士法人杉山事務所は、ビジネスメディアである週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士で日本一に選出されたことのある事務所です。

毎月の過払金請求の相談や依頼は3,000件以上あり、過払金の回収金額は5億円を超える実績を持っています。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

事務所対応エリア都道府県(出張先含)
大阪事務所
(主たる事務所)
大阪府、和歌山県、奈良県、兵庫県、京都府
東京事務所東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
名古屋事務所愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県
福岡事務所福岡県、熊本県、大分県、佐賀県、山口県
広島事務所広島県、島根県、愛媛県
仙台事務所宮城県、福島県、山形県、秋田県、岩手県
岡山事務所岡山県、鳥取県、香川県、徳島県
札幌事務所北海道

司法書士法人みどり法務事務所

司法書士法人みどり法務事務所
引用:https://saimuseiri-sodan.com/

司法書士法人みどり法務事務所の返還実績は累計90億円以上と非常に優れた実績を持っている事務所です。年間で6000件以上(月間500件以上)の相談実績があります。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、北海道、熊本県、福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所
引用:https://avance-jud.jp/

アヴァンス法務事務所は15年以上の経験を持つスペシャリストです。過去の相談件数は23万件を超える実績を持っています。単純に1ヶ月換算にすると1200件以上の相談を受けていることになります。

営業時間は21時までとかなり遅くまで対応し、さらにメールなら24時間受付と依頼しやすい特徴があります。また、アヴァンスでは、独自のシステムで依頼者は頼んだ仕事の進捗確認や請求をかける金融会社からの振込状況をスマホでチェックすることができます。

対応エリア全国対応

過払い金を無料で診断!5分で結果を知れる

過払い金があるか一発診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

借金の減額や債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)に関する情報や相談できて頼れる弁護士事務所・司法書士事務所を取り上げて紹介しています

目次