MENU
5分で過払い金診断
おすすめ事務所

リボ払いでも過払い金請求できる!条件・デメリットとリスク回避の方法

リボ払いでも過払い金請求できる!条件・デメリットとリスク回避の方法

リボ払いって支払いが多いけど過払い金の対象にならない?

リボ払いの過払い金請求にデメリットはある?

結論から言うとキャッシングの返済方法をリボ払いにしている人は過払い金が発生している可能性があり、払い過ぎた利息を取り戻せるかもしれません。

しかし、リボ払いをしている貸金業者やクレジットカード会社に対して過払い金請求をすると、その貸金業者やクレジットカード会社のカードが利用できなるデメリットがあります。この記事ではリボ払いでもリスクなく過払い金請求できる方法について解説しているので参考にご覧ください。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

目次

リボ払いでも過払い請求できる条件

キャッシングの返済をリボ払いにしている人

リボ払いしているもの全てが過払い金請求の対象ではありません。

リボ払いには2種類あります。1つ目はキャッシング(借り入れ)をした時の返済方法のリボ払い、2つ目はショッピング決済の支払いを分割にするリボ払いになります。

キャッシング(借り入れ)をして、返済の方法をリボ払いにしていた場合は過払い金が発生している可能性があります。

しかし、ショッピングの支払い方法を分割にするリボ払いについては、金利ではなく手数料を払っていることになるので過払い金は発生しません。

金利20%以上で借り入れした人

キャッシングをしており、その返済がリボ払いの人は過払い金が発生している可能性がありますが、最初のキャッシングの金利が20%未満の場合は利息制限法の範囲内のため過払いは発生していません。

キャッシングの金利が20%以上だったときは利息制限法を超える金利であるため、過払い金が発生している可能性が高いです。金利20%以上でキャッシングをして、未だに返済を続けている人や返済は終わっているけど過去に5年以上返済を続けていた人は高確率で過払い金が発生している可能性があります。

キャッシングした会社が残っている人

キャッシング(借り入れ)をした時の金利が20%以上のときは過払い金請求できる可能性があります。しかし、既にキャッシング(借り入れ)をおこなった貸金業者が倒産していたときは過払い金請求をすることができません。

貸金業者で有名な武富士やSFコーポレーション(旧三和ファイナンス)は既に倒産しているため過払い金請求はおこなえません。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

リボ払いによる過払い金請求するデメリット

同じカード会社が使えなくなる可能性がある

キャッシングしたお金をリボ払いで返済していても過払い金請求はおこなえますが、過払い金請求をした会社のカードは使えなくなってしまうデメリットがあります。

使えなくなるカードは手続きした貸金業者のみならず、貸金業者が合併または吸収された貸金業者からの借り入れも今後むずかしくなるケースがあります。

過払い金請求したクレジットカードが使えなくなる

クレジットカード会社のキャッシングを利用していて、過払い金が発生し請求をおこなった場合には、ショッピングで使っているカードが解約状態になり使えなくなります。

今まで貯めたポイントが全て消えることはもちろん、公共サービスへの自動振込も停止するので支払い先の変更手続きなどもおこなわないといけません。

ブラックリストに載る可能性がある

過払い金を請求して返済中の借金が無くならない場合は、借金の減額交渉をしたとみなされて任意整理(債務整理)扱いとなり信用情報機関に事故情報として載ることになります。

信用情報機関に事故情報として載るということがブラックリストに載るということになります。

ブラックリストに載るとできなくなること

  • クレジットカードの利用ができなくなる
  • クレジットカード申し込みの審査に落ちる
  • ローンやキャッシングが組めない
  • 携帯電話・スマートフォンの分割払いができない
  • 賃貸住宅入居ができない場合がある(保証人になれない)
  • ETCカードが使えなくなる

リボ払いを過払い金請求するメリット

払い過ぎた利息が返ってくる

リボ払いで返済していた借金や現在もリボ払いをしている借金に対して、過払い金請求をすると払い過ぎた利息が返ってくる可能性があります。

過払い金を請求できる期間は10年になります。現在過払い金があるかないかは、専門家によって無料で診断できるサービスが多いので気になったらすぐに調べましょう。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

借金を返済できる可能性がある

リボ払いでの返済が継続中であっても過払い金が多く借金が帳消しになれば返済完了となります。

リボ払いの過払いを調べる方法

借りたカード会社に問い合わせる

「リボ払いで返済が終わった」または、「現在も返済している」カード会社に対して取引履歴の開示請求をおこないます。

開示された取引履歴をもとに過去に契約したときの金利と現在の利息制限法に基づく金利を見比べて差額分がいくらになるか計算をします。これを引き直し計算と呼びます。

返済済でなかったり取引履歴が長いと引き直し計算がむずかしくなります。引き直し計算がうまくできないと過払い金を取り戻せないことがあるので不安な方はプロにお願いしましょう。

弁護士や司法書士に依頼する

カード会社に対して取引履歴の開示を請求しようとしても取り扱い窓口がちがうと言われて取り合ってもらえない可能性があります。

また、自分で過払い金があるか調査をするのはかなり大変なので、弁護士や司法書士に依頼をして過払い金が発生しているのかを調査してもらうことをおすすめします。

過払い金がいくらあるのか調査するだけならほとんどの事務所が無料でおこなってくれます。

過払い金の相談におすすめの法律事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所
引用:https://sugiyama-kabaraikin.com/

司法書士法人杉山事務所は、ビジネスメディアである週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士で日本一に選出されたことのある事務所です。

毎月の過払金請求の相談や依頼は3,000件以上あり、過払金の回収金額は5億円を超える実績を持っています。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

事務所対応エリア都道府県(出張先含)
大阪事務所
(主たる事務所)
大阪府、和歌山県、奈良県、兵庫県、京都府
東京事務所東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
名古屋事務所愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県
福岡事務所福岡県、熊本県、大分県、佐賀県、山口県
広島事務所広島県、島根県、愛媛県
仙台事務所宮城県、福島県、山形県、秋田県、岩手県
岡山事務所岡山県、鳥取県、香川県、徳島県
札幌事務所北海道

司法書士法人みどり法務事務所

司法書士法人みどり法務事務所
引用:https://saimuseiri-sodan.com/

司法書士法人みどり法務事務所の返還実績は累計90億円以上と非常に優れた実績を持っている事務所です。年間で6000件以上(月間500件以上)の相談実績があります。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、北海道、熊本県、福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所
引用:https://avance-jud.jp/

アヴァンス法務事務所は15年以上の経験を持つスペシャリストです。過去の相談件数は23万件を超える実績を持っています。単純に1ヶ月換算にすると1200件以上の相談を受けていることになります。

営業時間は21時までとかなり遅くまで対応し、さらにメールなら24時間受付と依頼しやすい特徴があります。また、アヴァンスでは、独自のシステムで依頼者は頼んだ仕事の進捗確認や請求をかける金融会社からの振込状況をスマホでチェックすることができます。

対応エリア全国対応

過払い金を無料で診断!5分で結果を知れる

過払い金があるか一発診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

借金の減額や債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)に関する情報や相談できて頼れる弁護士事務所・司法書士事務所を取り上げて紹介しています

目次