MENU
5分で過払い金診断
おすすめ事務所

過払い金請求と債務整理・任意整理の違いは?お金を取り戻す方法

過払金と任意整理と債務整理の違い

過払い金請求とは払い過ぎた利息を貸金業者に取り戻すために請求をおこなうことです。債務整理とは借金をなくすための手段になります。債務整理には利息のカットと返済期限を決め直す任意整理、借金を大幅に減額するために裁判所に申請する個人再生、借金の支払い義務を免除する自己破産などがあります。

過払い金があるか調べている人や過払い金請求を検討している人の多くは、過払い金請求と任意整理の違いが分からないという方が多いのではないでしょうか。過払い金請求は過払金が発生している人は誰でもおこなうことができます。任意整理をした方が良い人は過払い金請求をしても借金がなくならない人が対象になります。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

目次

過払い金請求と債務整理の違い

過払い金とは?

利息制限法に定める約定金利を超える支払いは、過払いとなります。この場合、利息の支払いが継続され、追加された金銭がローンの元金に充当されます。借主は、貸主に対して不当利得返還請求権に基づき、過払金の返還を請求する法的権利を有します。

債務整理とは?

債務整理を通じて、個人は、ローン、クレジット、およびその他の金融債務の返済に関連する困難さに対処することができます。このプロセスは、そのような借金によってもたらされる財政的な課題を解決するための効果的な戦略として使用されます。

債務整理をするデメリット

債務整理は、複数の無担保債務を1つの簡単な支払いに組み合わせることができるように、財政難を経験している人のための魅力的なオプションであることができます。しかし、この戦略の潜在的な欠点に注意することが重要です。

債務整理の主な欠点の一つは、それが実際の債務の問題を軽減していないことです。それは、借りている金額、発生した手数料、または未収利息を減らすことはできません。その代わりに、債務整理は、より管理しやすい支払いをもたらし、支払いプロセスを合理化する能力を提供します。

債務整理のもう一つの欠点は、それが個人のクレジットスコアに作ることができる潜在的な損傷です。統合は、個人が彼らの既存の債権者のアカウントの1つまたは複数を閉じる必要があるかもしれません、これは彼らの債務信用比率を傷つけ、彼らの全体的な信用スコアを傷つける可能性があります。さらに、債務が統合されると、貸し手は新しいローンを追加リスクとみなす可能性があり、新しいローンの金利が高くなる可能性があり、結果として全体の借入額を増加させることになる。

最後に、債務を一本化することは、誤った安心感を与える可能性がある。債務を一本化すると、債権者は毎月の支払いで個人に債務を思い出させることがなくなる。したがって、それは個人が彼らの支払いに満足するようになり、唯一の彼らの全体的な経済的負担を増加させる、より多くの借金を負担するようになることは容易である。

これらの理由から、個人が行動計画として債務整理を選択する前に、すべての選択肢を検討することが重要です。

債務整理をするメリット

債務整理には、財務のコントロールを取り戻し、目標をより早く達成するのに役立つ、多くの潜在的な利点があります。1つの主要な利点は、あなたの借金を統合することで、複数の債権者からの残高を1つの簡単な毎月の支払いに組み合わせることによって、返済のプロセスを簡素化することができるということです。

また、1つのローンにまとめると低金利になる可能性が高いので、毎月請求される利息の額を減らすことができ、お金の節約にもなります。さらに、集金人の電話をなくし、すべての支払いを一箇所にまとめることで、ストレスを軽減することができます。さらに、債務整理は、支払いを合理化し、おそらくあなたがより速く借金を返済するのに役立つことによって、あなたのクレジットスコアをオーバータイムで改善することができます。全体的に、債務整理は利点の広い範囲を提供し、あなたの財政の制御を取り戻すために探している場合は真剣に検討する価値があります。

任意整理とは?

任意整理は、弁護士や司法書士が貸金業者や債権者と交渉して、金利を引き下げ、返済期限を3年から5年に設定する方法です。これにより、従来の支払い方法に比べて経済的負担を軽減することができます。その後、お金を借りた人は合意した計画に従って定期的に支払いを行い、借金の完済を目指します。

過払い金請求と債務整理、任意整理の違い

過払金請求とは、個人が組織から過剰に支払われた、または受け取る権利があるよりも多く入金されたと考える場合に行う請求のことを指します。任意整理債務整理は、債務者とその債権者の間で、特定の期間にわたって債務の返済を支援するための合意である。

この配置を介して、債権者は一般的に債務の削減量を受け入れ、債務者に借金を返済するために一定の時間を与えることに同意するものとします。過払い金請求と債務整理の大きな違いは、過払い金請求は債権者と債務者の双方の合意によって解決するのに対し、債務整理は債務者がローンを組んで借金を一括で整理する必要がある点です。これにより、債務者は借金を一括で返済しやすくなります。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

過払い金請求や債務整理に関係するブラックリスト

完済していた場合はブラックリストには載らない

債務整理後に過払い金請求を行った場合、ブラックリストに載ることはありませんのでご安心ください。これは、金融庁が「過払い金請求は返済の履行能力に影響を与えないため、信用情報に記載しない」という明確な方針を出しているためです。

また、たとえ借金返済中であっても、請求による過払い金で借金の残高が帳消しになれば、債務整理をしたのと同じ結果になり、信用情報機関に載らなくなります。さらに、過払い金が残債を上回れば、その差額を返金してもらうことができます。

過払い金請求をしても借金が残るときはブラックリストに載る

過払い金に対する債務残高を計算することで、過払い金請求でブラックリストに載った事例がないかどうかを評価することができます。通常、支払額よりも借金の方が大きく、その額が未払いである場合に起こります。

このような場合は、債務整理や任意整理で解決するしかなく、信用情報には事故情報として登録されます(ブラックリストに載るということ)。

過払い金請求は任意整理をしていてもできる

任意整理中は、金利の再計算をするため、過払い金があるかを同時に調べることができます。これにより、支払い履歴から過払い金の存在の可能性があるとして、過払い金請求の同時提出が可能となります。

延滞している債務を返済に向けることができるだけでなく、すでに支払っている場合は、過払い金として請求することも可能です。

さらに、複数の貸金業者が関わっている場合、貸金業者ごとに請求や清算を区切ることが可能です。例えば、A社とB社はまだ返済が残っているが、C社は既に返済が終わっている場合、C社には過払い金請求を行い、A社とB社には清算手続を行うことができ、さらに、別の貸金業者との清算手続中に請求を行うことも可能です。

任意整理を既にしている貸金業者に過払い金請求はできない

A社やB社のような私的整理を行った会社に対する過払い金請求の場合、清算時に過払い金の有無が判明するため、実行不可能です。従って、清算期間中に請求する必要があります。

清算のための交渉が終了したことを示すために、「すべての債務が清算された」旨の書面を取り交わします。民法705条により、任意整理後に返済を請求することはできないので、貸主はそのような請求を拒否することができます。

民法第705条(債務の不存在を知ってした弁済)

債務の弁済として給付をした者は、その時において債務の存在しないことを知っていたときは、その給付したものの返還を請求することができない。

2010年より前に借り入れをしたことがあるなら過払い金請求を検討しよう

2010年以前にローンを組んだ方で、10年以内に完済または返済中の方は、過払い金が発生していないか見直したほうがよいでしょう。これは、2010年に貸金業法と出資法が改正され、年利の上限が20%になったことが原因です。

法律が改正される前は、様々な貸金業者が上限を超える利息で融資を行っていたため、払いすぎた利息は過払い金として返還される可能性があります。ただし、過払い金請求には期限があり、取引から10年以内に過払い金を請求しなければなりません。この期間を過ぎると時効になってしまうので注意が必要です。

過払い金があるか一髪診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

過払い金の相談におすすめの法律事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所
引用:https://sugiyama-kabaraikin.com/

司法書士法人杉山事務所は、ビジネスメディアである週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士で日本一に選出されたことのある事務所です。

毎月の過払金請求の相談や依頼は3,000件以上あり、過払金の回収金額は5億円を超える実績を持っています。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

事務所対応エリア都道府県(出張先含)
大阪事務所
(主たる事務所)
大阪府、和歌山県、奈良県、兵庫県、京都府
東京事務所東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
名古屋事務所愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県
福岡事務所福岡県、熊本県、大分県、佐賀県、山口県
広島事務所広島県、島根県、愛媛県
仙台事務所宮城県、福島県、山形県、秋田県、岩手県
岡山事務所岡山県、鳥取県、香川県、徳島県
札幌事務所北海道

司法書士法人みどり法務事務所

司法書士法人みどり法務事務所
引用:https://saimuseiri-sodan.com/

司法書士法人みどり法務事務所の返還実績は累計90億円以上と非常に優れた実績を持っている事務所です。年間で6000件以上(月間500件以上)の相談実績があります。消費者金融やクレジットカード会社、事業者金融のお金に関する問題を多く解決してきているので安心して依頼することができます。

対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、北海道、熊本県、福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、愛知県、静岡県、長野県、岐阜県、滋賀県、三重県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所
引用:https://avance-jud.jp/

アヴァンス法務事務所は15年以上の経験を持つスペシャリストです。過去の相談件数は23万件を超える実績を持っています。単純に1ヶ月換算にすると1200件以上の相談を受けていることになります。

営業時間は21時までとかなり遅くまで対応し、さらにメールなら24時間受付と依頼しやすい特徴があります。また、アヴァンスでは、独自のシステムで依頼者は頼んだ仕事の進捗確認や請求をかける金融会社からの振込状況をスマホでチェックすることができます。

対応エリア全国対応

過払い金を無料で診断!5分で結果を知れる

過払い金があるか一発診断!

借金や過払い金に関するプロが過払い金が今あるのかどうかを完全無料で診断しています。

さらに5分ほどで過払い金があるか、ないかを判断することができるので今すぐ自分に過払い金があるか知りたい人はこちらをチェックしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

借金の減額や債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)に関する情報や相談できて頼れる弁護士事務所・司法書士事務所を取り上げて紹介しています

目次